バウンサー(Wuggy)

6個の商品

関連する商品をキーワードで探す

6個の商品

バウンサーは赤ちゃんを "のせる" 三種の神器のひとつです!
バウンサー、もう用意しましたか?最近、子育てにバウンサーを活用するひとが増えていると思いませんか?ちょっとした家事をするときや、ママやパパのくつろぎの時間に、赤ちゃんにごきげんでいてもらうために。赤ちゃんがじぶんで揺らしながら、おとなの様子をうかがえる、バウンサーが選ばれています。

バウンサーとは?どんなシーンで役に立つ?
バウンサーは、大人が手で揺らしたり、赤ちゃん自身の動きによってゆりかごのように揺れるベビー用品です。 ママやパパが家事などで手が離せない時でも、バウンサーを使うことで赤ちゃんと目が合う距離で一緒の時間を過ごせたり、 赤ちゃんがごきげんに過ごしてくれることから、おうち時間を快適に過ごすことができます。

バウンサーを選ぶ時のポイントは?
①赤ちゃんの乗りごこち
バウンサーは生後1ヵ月の赤ちゃんから2才半頃まで長く使えるので、赤ちゃんの成長に合わせて身体にフィットするか、シートの素材など、赤ちゃんの乗りごこちに着目して選んであげるとよいでしょう。特に首すわり前の時期は、赤ちゃんが自分で姿勢を変えることが難しいため、頭の位置や体全体が赤ちゃんのからだを包み込むようなシート構造のものがよいでしょう。
②ママ・パパの使いやすさ
赤ちゃん目線の視点はもちろん、ママ・パパの使いやすさも重要視したいポイントです。シートを洗った時に乾きやすいか、乗せ降ろしする際のボタンの付け外しのしやすさなどです。その他にも、お家のリビングや脱衣所など様々な場所で使うことや実家、旅行先などでも赤ちゃんの居場所としてバウンサーを使えるため、軽くて持ち運びがしやすいかもチェックしたいですね。使わない時にはサッと畳めて場所を取らずに収納できるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

ピジョンのバウンサー「Wuggy」の特長
■赤ちゃんのごきげんPoint
①からだを包んでくれるしっくりシート
②背中がムレにくいさらさらクッション
③ぶつかっても痛くないやわらかフレーム

■ママ・パパのごきげんPoint
①洗濯してもすぐに乾く速乾3Dシートを採用
②折りたたんだ状態で自立。
③ベルトは使用しやすいバックル方式
④インテリアに馴染むデザイン

赤ちゃんとのおうち時間をバウンサー「Wuggy」を活用して、家族で幸せな時間をお過ごしください。